ライトノベル, 読書感想, 角川スニーカー文庫

時折ギャグ化するのはどうかと思いつつ 綺麗に完結

上巻の最後に明かされた真実から、一気にスケールアップした感のある下巻。

カノンを亡くし、傷心のソロと、そんな彼を慰めつつも協力を強要せざるを得ないシンフォニアの ...