ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

この状況でどんなリアクションをすればいいのかなんて、わかるわけがない。おれの中に、この状況にふさわしい引き出しなんて、ない。まぁ、とりあえず。悲鳴をあげることから、始めてみた。

下品な悲鳴を上げたのは日村家の家長、マンガ家 ...