ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

読了。

歪んだ結末。悪意に悪意を積み重ねて日常を浸食していく『無限回廊』の攻勢が本格的に始まった第2巻。学園に居る《虚軸》の残りも出てきて、こいつらが揃いも揃ってロクでもない連中だから、欠落があろうとなかろうと、もとから変 ...

ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

読了。

欠落と引き替えに《虚軸》と呼ばれる異能を手にした少年少女の物語。

序盤の「日常」と終盤の「非日常」の乖離っぷりがステキ。ほのぼのダークと言われるだけのことはあります。が、期待(?)していたほどのダークさ ...