我が家のお稲荷さま。〈3〉

このページは約 1分13秒で読めます。

我が家のお稲荷さま。〈3〉読了。

そうか、佐倉さんは日常サイドの象徴なんだ。冒頭の文化祭の喜怒哀楽の激しい佐倉さんグレイト。というか、クーさんは読者サービスなんだかなんなんだか、毎回毎回コスプレ(笑)して楽しませてくれますね。何を着ても似合ってしまう、これが空幻マジック。いや、クーさんもステキですよ?

今回は、次巻へ続いたりして微妙に盛り上がりも少なく片付いたというか。むしろようやく物語が起動したといった体で、新たに登場したキャラクターたちの立ち位置も役割も、完全には明かされていないような。待て次巻。

それにしても、だんだんと命に関わりそうな大事に巻き込まれつつある高上兄弟+お付き’sは、結構派手なやりとりをしてるのに、相変わらず切羽詰まった緊迫感とは縁がないというか、どこか肩の力を抜いた感じがするというか。悲壮感と縁遠い、けれどそれなりにシリアスな雰囲気は独特ですね。

少しずつクーさんの過去話も語られたり。そもそも、なぜに高上兄弟の母・美夜子に対しクーさんが並々ならぬ感傷を寄せたのか、今まで語られたエピソード以外にも、いろいろあったのかなぁなどと思ってみたり。

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to 我が家のお稲荷さま。〈3〉

Still quiet here.

Comments are closed.