三辺は祝祭的色彩―Thinkers in Three Tips

このページは約 56秒で読めます。

三辺は祝祭的色彩―Thinkers in Three Tips読了。

あとがきにネタバレを仕込むのは如何なものか、な1巻に続いて2巻にも仕込まれてたー。気を付けてー!

叙述トリックですた。言われなくても気付くけど、読んでる最中に感じる違和感の正体が、作者氏の文章力のせいなのかトリックのせいなのか判断付かないのが、というかトリックと分かったら良くないか。でも、微妙な感じ。

黒幕たる女王の邂逅とかが描かれて、ようやくいろいろ筋が通った感じ。でもまぁ、女王の思惑とか日阪の成り立ちとか、不明瞭な部分もたんまりなのですが。

しかしまぁ、起きた殺人事件について、被害者自身に意味はなく、殺人が起きたという事実のみが重視されてるあたりがどうなのかなと。そう仕向けられた脚本があるのですが、まさに死が記号的な意味しか持ち得ない印象を受けますね。あと、結構犯人さんたち、運任せにあれこれしすぎです。

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to 三辺は祝祭的色彩―Thinkers in Three Tips

Still quiet here.

Comments are closed.