とある魔術の禁書目録〈16〉

このページは約 2分13秒で読めます。

stars ぐだぐだと悩むのはやめましょう。彼らの決意を無駄にはしない。それだけで十分です。

神の右席にして、聖人でもある後方のアックアが、上条の右腕を狙い、学園都市に潜入を果たす。アックアの宣戦布告を受けたイギリス清教は身を寄せていた天草式を、上条の護衛として派遣する。唐突に押しかけて来た五和を迎え入れ、危機を知らされつつも呑気に構える上条。しかし、ついに現れた後方のアックアの実力は、これまで相対したどんな敵よりも圧倒的な力で上条を粉砕にかかる。

    _  ∩
  ( ゚∀゚)彡 ねーちん! ねーちん!
  (  ⊂彡
   |   | 
   し ⌒J

ダークな雰囲気満載だった科学サイドのストーリーの次は、上条さんを主役に据えた魔術サイドの物語。でも、今回の主役は、久方ぶりに活躍の場を与えられた神裂さんに違いない。

上条を、天草式を、そして同格たる神裂さえも圧倒する力を持つ後方のアックア。その絶望的ともいえる戦力差を、死力を尽くして覆す。これぞまさに友情努力勝利の方程式。何気に神裂と天草式との過去の確執さえも乗り越えてみせ、全編大盛り上がりの一冊でしたね。

相変わらず、空気な美琴も今回は上条と急接近した感じ。彼の記憶が失われていることを告げ、しかし、上条が見せた自身の本質に胸を射貫かれてしまった美琴さん。本格的にフラグ立ってしまいましたが、彼女の胸に芽生えた自覚さえされないその気持ちに、果たして意味を与えてあげることができるのやら?

そして、ついにローマ正教の──神の右席の真の目的も明らかに。これまた別格な存在感漂わせる神の右方は、どんな方法で上条を、そしてインデックスを狙ってくるのか。あれ、久々に腹ぺこシスターが重要な役割を担いそうですよ? 頑張れ、インデックス。不気味なアレイスターの動向も気になります。待て次巻。

hReview by ゆーいち , 2008/06/09

とある魔術の禁書目録〈16〉

とある魔術の禁書目録 16 (16) (電撃文庫 か 12-17)
鎌池 和馬
アスキー・メディアワークス 2008-06-10
スポンサーリンク

2 Trackbacks to とある魔術の禁書目録〈16〉

ただ、それじゃ終われないでしょ!

[感想][★★★☆☆][鎌池和馬]「とある魔術の禁書目録(インデックス)16」…

「彼らを『弱い』と決めつけ、その実力を信じられなかった自分が。心のどこかで彼らを見下し、背中を預けられなかった自分が。そうしてすぐ近くにあるはずの力を放置し、未熟な腕…

愛があるから辛口批評!
愛があるから辛口批評! 2008年6月16日 at 20:15:21

[ラノベ]とある魔術の禁書目録 16 …

とある魔術の禁書目録 16 (16) (電撃文庫 か 12-17) 作者: 鎌池和馬 出版社/メーカー: アスキー・メディアワークス 発売日: 2008/06/10 メディア: 文庫 「お腹いっぱいの展開でした。個人的には…

0 Responses to とある魔術の禁書目録〈16〉