六花の勇者

このページは約 4分3秒で読めます。

stars アドレットは思う。復讐のために強くなったのではない。憎いから戦うのではない。もう二度となくさない。その為に強くなったんだ。

六花の勇者(書影大)

闇の底から『魔神』が目覚めるとき、運命の神は六人の勇者を選び出し、世界を救う力を授ける。
地上最強を自称する少年アドレットは、その六人、『六花の勇者』に選ばれ、魔神復活を阻止するため、戦いへ向かう。
だが、約束の地に集った勇者は、なぜか七人いた。
その直後、霧幻結界が作動し、七人全員が森に閉じ込められてしまう。七人のうち誰かひとりが敵であることに気づいた勇者たちは疑心暗鬼に陥る。そして、その嫌疑がまっさきにかかったのはアドレットで――。
伝説に挑み、謎と戦う、圧倒的ファンタジー、堂々始動。

ずいぶん前に購入して積みまくっていたんですが、やはり後悔! まぁ、このラノとかでもかなり上位に食い込んでいたんで、詰まらないことはないだろうとそんな風に考えていた時期がありました。

めっちゃ面白いじゃないですー、やだー。

山形石雄の前シリーズである「戦う司書」シリーズも、非常に骨太な物語で見せてくれましたが、この作品もまた本格派ですね。ファンタジー設定を下敷きにしながらもラブコメしているような作品とは一線を画す本気具合が素敵です。お手軽に楽しめる明るい作品も楽しいですが、この物語のように重みを感じる作品もまた良し。いや、でも最近は割と重めの作品ばっかり手にしてるような……?

魔神が復活し、世界が危機に瀕した際に強者の中から選ばれ戦う運命を背負わされる「六花の勇者」。この時代においても選ばれた勇者たちが集い、魔神討伐に向かうのが本筋かと思いきや、勇者の証である紋章を宿す集った人間が六人どころか七人いたから大変な事に。

七人の内、一人は間違いなく偽物。それも、魔神の手による刺客であるため、自らの命どころか世界の命運さえも左右するような危機的な状況が、戦いの前段階から発生する。誰も彼も、自分は本物だと主張し疑心暗鬼に陥る中、一体誰が偽物なのかを探し当てるミステリチックな展開が続きます。

いやぁ、この緊張感は手に汗握りますね。読者視点で見れば、主人公であるアドレットはまず除外されるわけですが、他の六人の誰が一体怪しいのか、物語の展開を読みながらいろいろ想像していって、結局予想を裏切られちゃいましたね。主人公視点で見ていても信じられないような展開が続くだけに、誰も彼もが怪しくなる中、明かされた偽物の正体に戦慄です。

しかし、そこで偽物を見つけたからといって、はい解決で済まないというのがもうね。エピローグの段階で( ゚д゚)ポカーンとなってしまいますよ。一体どうなってるの、今回の勇者たちの戦いは。

過去に前例のない、勇者の中に一人潜む偽物を探し当て、時には交渉を、そして時には剣を交え、能力を使い戦う。知力だけでは生き残れない文字通り一騎当千の勇者たちと、敵との手に汗握る戦い。物語の始まりから、こんな危機的状況に陥っていて、果たして魔神討伐が果たせるのか、ひたすら不安になってしまいますが、これはもう続巻を速攻読むしかないですね。

主人公のアドレットの地上最強熱血バカ具合が良い感じに殺伐とした雰囲気を明るくしてくれてるせいか、読み進めるのに気が重くならないのが良いですね。みんなヘヴィな過去を背負っていそうな雰囲気ぷんぷんですが、そんな中でも苦境でこそ笑えるアドレットの芯の強さが光って見えます。

hReview by ゆーいち , 2013/01/15

    スポンサーリンク

    Trackback URL

    No Trackback to 六花の勇者

    Still quiet here.

    Comments are closed.