されど罪人は竜と踊る〈12〉 The One I Want

このページは約 5分5秒で読めます。

stars いっしょに歩いていこう。星空でなく、この地上を。

されど罪人は竜と踊る〈12〉 The One I Want 書影大

ガユスとギギナをはじめとするエリダナの攻性咒式士たちは、生き残りを賭け、最後の勝負に出る。
使徒殺しのアンヘリオと、彼からペトレリカを奪取した拳豪カジフチ、最強を争う両者は再度激突。パンハイマの身体を乗っ取った血刀ブラージェモに、好機を狙うヒルデが入り乱れた最終決戦は、エリダナ全域を巻き込んだ市街戦となる。
ザッハドの処刑が決定し、道化師ウブシュシュが踊り、大賢者ヨーカーンと黒い棺が暗躍する。死闘と惨劇の末にガユスが掴んだものとは!?
使徒編の終幕にして、ライトノベル唯一のノワール巨編、第一部堂々の完結!

ついに血の祝祭編完結。そして一応、第一部が完結したようです。長かった……。

完結巻となる12巻も、今まで以上に分厚い700ページ超。けれど、アンヘリオやカジフチといった、強敵との対決が物語の中盤で決着していろいろ疑問に思っていたら、それからが本番だったというオチ! そりゃあ、こんなに簡単に、ここまで引っ張った強敵との戦いが幕引きになるのはおかしいですよねー。

前巻のラストで、ブラージェモに身体を乗っ取られたかに見えたパンハイマの思惑。エリダナ最凶と称される彼女の本質は、これまでの外伝も含めて語られてきて、だいたいは分かっていたかに思っていた読者の、そんな認識など甘すぎると言わんばかりの、底の見えない深遠な狂気。この長大な血の祝祭編のもう一人の主役であり、そしてラスボスとも言えるような彼女の行動の真意を知ると、それまで見せてきた娘のペトレリカを案じる人間らしい様子さえも全くの欺瞞であったと突き付けられ、もう何を信じていいものやら。というかパンハイマもやることなすこと、彼女の思惑通りに進んで恐ろしい。ある意味、ザッハドはら使徒やらとの戦い以上に、手のひらで踊らされていた感が満載で、ここまで思惑通りに動かされると、もう降参するしかないんじゃないかというくらい。

浅からぬ因縁のあるガユス、ギギナの両者にとっても、この真相は読めてなくて、自分の手でジオルグの仇を討つ余地がまだ残っているのを喜ばしく思うべきなのか、この最凶の相手にどう立ち回ればいいのか戦慄させられるやらで、またしても敗北という苦渋を舐めさせられたような……。表向き、使徒に対しての勝利はいくつか掴むことはできたものの、実質的には誰かの思惑通りに動かされた疑念はぬぐい去れず、裏に潜む大きな歯車は容赦なく彼らをさらなる苦闘へと導いていくようですね。

いろいろな種明かしがされ、この先に控えているとてつもなく大きな戦いへの前哨戦がようやく終わったという意味での第1部巻なんでしょうかね。ガユスにとっては、これまでのヘタレ眼鏡の汚名を返上するかのような、強い決意を持ってなした選択が、この先、彼を幸せへと導いていくのか。このお話の常として持ち上げては落とされるから、彼が得た束の間の幸福さえもその先にある絶望へのスパイスに過ぎないんじゃないかと戦々恐々ですが、この結末はある意味、スニーカー版で断絶した物語を越えたその先へ跳躍してたどり着いた場所なだけに、大賢者の予言さえも裏切る未来を掴んで欲しいと思いますね。そして、ギギナにとっては、終盤で因縁深い人物との予想だにしなかった再会。彼にとってはある意味、越えられない壁としてありながら偶然も絡んで得た勝ちを本当の勝ちにするチャンスが訪れたということ? けれど、やはり、敵の強さははるか上を行っていて、剣技でも及ばないかもしれない相手に、どう戦いを挑んでいくのか、さらなる強敵にそれでも笑う剣鬼の姿が死亡フラグにならないといいのですが。まだ内に抱えた穴を埋め切れていないようだし、さらなる高みへ至るためにはまだまだ多くのパーツが必要そうですね。

なんだか、別の作品で出てきた袋女さんとか友情出演してましたが、この世界観のリンクのおぞましさと言ったらたまりませんね。そりゃあ、あんなのが普通の人間しかいない世界に現れたら、世界は終わるしかないですわ。このされ竜世界でさえもとんでもない存在に映ってるんだから。あれだけ特別に書いているということは今後の再登場もあったりするのかな。というかどうやって戦うのやら再登場が楽しみなような恐ろしいような……。

ともあれ、未知の領域を突き進む本編は、怒濤の2部でどうなることやら。どうにも第1部完とか打ち切りを想像して良いイメージがないですが、すぐに出るという、ひさびさに見たあとがきの文章を信じて、この先も付き合っていきたいと思います。

hReview by ゆーいち , 2013/04/22

されど罪人は竜と踊る〈12〉 The One I Want

されど罪人は竜と踊る 12 (ガガガ文庫)
浅井 ラボ 宮城
小学館 2013-04-18

    スポンサーリンク

    One Trackback to されど罪人は竜と踊る〈12〉 The One I Want

    たかいわ勇樹の徒然なる日記
    たかいわ勇樹の徒然なる日記 2013年5月6日 at 18:57:14

    浅井ラボ されど罪人は竜と踊る12 The One I Want

     とうとうゴールデンウィークが最終日です。
     例年通り色々やったり休息したりの毎日でしたが、それだけに明日が来るのが憂鬱で仕方ない(汗)今日この頃、皆様に置かれまして…

    0 Responses to されど罪人は竜と踊る〈12〉 The One I Want