よくわかる現代魔法 たったひとつじゃない冴えたやりかた

2005年5月25日

よくわかる現代魔法 たったひとつじゃない冴えたやりかた読了。

おー、前巻のラストは、今巻の決着を付けるための布石だったのか。

ご都合主義もここまで並べ立てられると、清々しいくらいにきっちり決まってくれてるなぁ。

主人公のこよみは、結局最後まで落ちこぼれで、けれど、だからこそ賢く、冷徹である「魔法使い」としてのたった一つの選択をすることなく、思いもよらない解を見つけることが出来たのでしょう。

もうちょっとだけ続くとかあとがきにありましたが、ここで終わっても十分きれいかと。変に延命措置をするよりは、短編集みたいな感じでいくつかお話を書いて、それで潔くこの世界を閉じてほしいかなとも思います。