アンダカの怪造学(1) ネームレス・フェニックス

2005年10月10日

アンダカの怪造学(1) ネームレス・フェニックス読了。

相変わらずの芸風の広さに感心させられる日日日の作品。独特の語彙で世界を構築する手際は見事ですが、いかんせん学園物という括りに囚われてしまったような、一種手堅い展開で、予想の斜め上とまでは行かなかったのは残念。それでも十分面白いですが。

なんか神坂一のスレイヤーズの第一巻を読んだときのような既視感。終盤の魔王との会話とか、彷彿とさせられましたが。狂乱家族日記はがんがん続きが出てるのに、こちらの音沙汰がないのは残念ですが、広げた風呂敷はしっかり畳んでケリを付けてくださいね。