神様とゲーム ハレ/クモリ/アメ/ニジ

2006年10月6日

神様とゲーム ハレ/クモリ/アメ/ニジ読了。

短編集。雑誌連載されたエピソード+書き下ろしの構成ながらも、意味深な終わりを見せていた前巻と微妙にリンクするかのう様の言動が興味津々。また、花南の気持ちが明かされたという部分も思い出すと、今回収録された「アメノチウソツキ」はかなり良いお話に思えてきます。結構ハッピーエンドで幕を閉じてたゲームの数々の中で、このエピソードだけは毛色が違う、ちょっと悲しめの終わり方だし。それでも希望を持たせたりしてるし、今後本編でここで張られた伏線が回収されることもあるんだろうな。

書き下ろしの、「ニジイロチョコレート」はうってかわって美名人さん孤軍奮闘・獅子奮迅。美名人分が補給できたし、こういうオトメのタタカイは巻き込まれなければ、ハタから見ていてとても楽しいイベントですね。思い人の多加良の鈍感ぶりと、自己認識の屈折具合はそろそろワンパターンなので、ここで一発目の覚めるようなドキドキイベントも進めてほしいところですが。