お留守バンシー〈3〉

2006年10月8日

お留守バンシー〈3〉読了。

いつも通りの展開、というのが3巻目で出てくるのは微妙じゃないですか(^^;
城の修理は進まないし、住人はどんどん増えていくしで、悩みの種はなくならないだろうに、のんびりと毎日を過ごすアリアをはじめとした住人たちのまったり具合を楽しめと。

一応前巻に比べれば、終盤で結構大きな危機的状況は生まれてるのに、大事にならずにあっさり解決してしまうあたりがこの作品の方向性を示してるのかな。
留守番をひたすら続けていけば、話は引き延ばせるのだろうけど、マンネリ化して飽きられるのとどちらが早いかと考えると微妙なところですね。ブラド卿の帰還とか大きめのエピソードを挟んで、変化を付けてこないと今後は厳しい感じです。