断章のグリム〈3〉人魚姫(上)

2007年1月13日

断章のグリム〈3〉人魚姫(上)読了。

歯磨きしながらこの作品のラストは読んではいけません((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル 直前に歯を磨いていた私が言うのだから間違いない。

ということで、第3巻で早くもグリム童話じゃないという、あとがきで作者が弁解する本シリーズ。そして、ついに上下巻の二部構成。やや冗長気味な展開を見せるので、下巻を読んだときに一冊で済んだじゃないかというツッコミをしないで済むと良いのですけれどね。

神狩屋の過去に密接に関わるであろう今回の事件。神狩屋自信が断章持ちとなるに至ったかつての事件とオーバーラップするような形で、現在の事件が絡んでくるのでしょうかね。どうにも知っていることを全ては語ってくれていないようで、その心の傷の大きさがうかがい知れようというものですが、状況は最悪に最悪を重ねても足りないくらいのもので、毎度毎度のことながら、凄惨な描写は耐性がないときついなぁ。

起承転結でいえば、前半しか片付いてないので、盛り上がりはこれからでしょうし、多分今回の痛さとかも序の口なんだろうなぁとか思いつつ、下巻の発売を座して待つ所存。