初恋マジカルブリッツ―もっと大好き、してください!

2007年1月14日

初恋マジカルブリッツ―もっと大好き、してください!読了。

毎度毎度のことですが、さくさくと読み終わりすぎな感じがしますよー。

内容的にはコメディ方面にかなり傾いていて、各キャラの心情的にはシリアスな部分がありながらも、行動が伴っていないというか、情にほだされている人ばかりのせいかどうにも憎めない結果に終わっていることがほとんどだし。鼓太郎の背負っているものとか、そんなに軽いものじゃないんだろうに、学園ラブコメな展開が延々と続いているので、こりゃあとがきに書かれたような路線変更なんかと思ってしまいます。

メインヒロインであるはずの祈梨さんは相変わらずその性格が災いして鼓太郎との関係にやきもきするだけなのがワンパターンというか、もうちょっといい目見させてあげようよ作者さんとか思いますが。ラストでまた一気に反動が出たように新たな伏線(?)張られたり、シリアス路線へ再突入な過去が語られたりで、アルミナ絡みのエピソードも次でようやく一段落するのかな。彼女が絡んできてから、どうにも寸止めが多くなって、バリエーションは豊富になりながらも、最後までいけてないんじゃないかなと。いや、何がとは申しませんが(笑)