十三番目のアリス〈2〉

2007年1月14日

十三番目のアリス〈2〉読了。

ほとんどデレ状態なアリスが可愛いやら、けれどあっさりと陥落しすぎで依存しすぎだぞと声高に異議申し立てを行いたく。

新キャラのリリスと今回の敵キャラ「十番目」のメイドロボ、さらには下級生の恋敵(?)まで加わって賑やかになれど、その分本編のストーリー以外の部分が盛り上がって、アリスを巡る組織絡みの目的部分の種明かしが先延ばしになっているような。次巻が「生き残りをかけた」とか書かれてるので、なんか売れ行き次第ではその辺がすっぱりと明らかにされずにフェードアウトとか……。う~ん、それは避けてほしい。怜奈の思わせぶりなお節介も、なんか裏があるんじゃないかとか思えてくるし。「十二番目」の目的とか「十三番目」の秘密とか、いろいろ気にはなるのですが。しっかりと完結させてほしいかな、と。一応次巻も買いますよ。

どうでも良いことですが、ラノベ登場のメイドロボ最強は終わクロのSfさんだと思うのですよ。