オオカミさんとおつう先輩の恩返し

2007年1月15日

オオカミさんとおつう先輩の恩返し読了。

本巻の最終話にしてラスボス登場。物語の到達地点が明らかになったということで、シリーズとしてのボリュームは、無駄には大きくならないのかな。今回収録のエピソードも、最後の最後を除いては結構ゆるゆるな感じのものばかりだったので、続けようと思えばどこまでも続けられるんだろうけれど。

サブキャラクターたちに焦点を当てつつ、じわりじわりとお話は進んでいる感じ。ただ、本来の主人公のおおかみさんと亮士くんの関係は、なかなかもどかしいですね。方や過度の意地っ張り、方やヘタれと越えるべき壁は高そうですが、少しずつ信頼を重ねていって、いつかは報われるときが来るのかなという感じ。

しかしまぁ、事件の背後に透けて見える悪意の大きさは、作品のほのぼのさ加減からはずいぶんと逸脱してますね。その辺のバランス取りは結構難しいんでしょうねぇ。個人的にはもっとコメディ色つよめてドタバタしてくれても一向に構わないのですが。