蟲と眼球と白雪姫

2007年1月20日

蟲と眼球(めだま)と白雪姫読了。

日日日による各種シリーズの中で、初めての完結作品となったわけですが。

まさかこういうオチを持ってくるとは思いませんでした。予想の斜め上。

展開とかはありきたりなんですが、まぁ、最後の最後で彼女自身が幸せだと思える生活を送っているのだったら、このシリーズで語られてきた物語は無駄ではなかったのかなという感じです。

まぁ、強引なこじつけではありますが、各巻を通して、登場人物の性格やら役割やらが変化してるように感じたのは気のせいじゃなくて、神様とやらが望んでそのように変えていったのかなと思います。そこまでくるとメタメタで、何もかもが無意味だったんじゃないかという結論に達してしまう恐れもありますが、本作はそのギリギリの一線で踏みとどまれたのかなぁ。人によってはあまりに投げっぱなしで呆れる可能性も多分にありますが。

こういうメタな手法は多用するものじゃないと思うので、今後、日日日が抱えている他の作品の風呂敷をどのように畳むかで、実力のほどが分かるんじゃないでしょうか。どれも似た終わり方とかにならないとは思いますが、現在の引き出しの中身を全部出し尽くしてしまうんじゃないかと、そんな気が……。