DDD 1

2007年2月11日

DDD 1読了。

近所の書店に普通に売っていたので購入。なんでウチの店には入ってこないのですかー!? ……それはそれとして。

『空の境界』の雰囲気を色濃く感じさせる奈須きのこの新作。これまでの奈須作品共通の世界観からはやや外れた空気が感じられるけれど、登場人物の終わりっぷりや、意味深に見えながら真相が明かされない事象など、相変わらず読み手を選ぶというか。や、すでにこの作品を手に取る時点で選別は成されているというか。

時系列がバラバラで、巻末の年表を見ないと事件の繋がりがよく分からないワナ。この人は小説書くときはいつもこいう手法を採るのですか? 叙述トリックもガンガンで、展開的にはワンパかもしれないけど、なんというか勢いで読ませてくれます。『H and S』の2編は分かりづらいけど構成が面白かった。

描き下ろしの『回想猟月 – formal hunt.』の最凶妹は、もうなんというかご愁傷様。この手の凶悪な妹につきまとわれる主人公の図というのも、奈須作品の様式美。

さて、何となくもう1冊で終わりそうな雰囲気だけど、謎だらけのカイエの正体とか、そもそもの悪魔憑きの真相とか、そういった部分のネタ晴らしはあるやあらざるや?