麗しのシャーロットに捧ぐ―ヴァーテックテイルズ

2007年3月16日

麗しのシャーロットに捧ぐ―ヴァーテックテイルズ読了。

いや、これはスゴいですね。富士見ミステリー文庫から出ること自体がスゴい。そして、中身の完成度も非常に高い。ミステリ調のホラーで、構成が意図的に複雑にしてあるせいか、序盤~中盤で主な登場人物が揃うあたりで、時系列と人物関係が混乱の極みに(^^; そして、それを一気に覆す終盤の展開がゾクゾクしますね。小さな違和感を覚えつつ読み進めていって、その正体に気付かされる瞬間の驚きはラノベではなかなか味わえないなぁと。

作者氏はこの作品がデビュー作のようですが、実力的には十分だろうなぁ。この路線で行くには萌え全盛の業界ではセールス的に厳しい部分はあるかも知れないけれど、それはそれ、富士ミスというある意味好き勝手できるレーベルで、好きなようにこの手の作品を描いてくれても良いかも。

イラストは『半月』の山本ケイジ氏。途中までどっかで見たことある絵だなぁと思いつつ気付かなかった私の目はきっと節穴。中身を確認しないで絵買いをした人は、さぞかしこの容赦ないダークな展開に打ちのめされたことでしょう。
私? 私はとりあえず目に付いた新シリーズやら新人作とかは何も考えずに買うので(笑) こういうストーリーはかなり好きですし、非常に楽しめました。