時の魔法と烏羽玉の夜

2007年6月22日

stars 窈子よりもばあちゃんがヒロインぽいのはどうかと(笑)

突然謎の男2人組に拉致された主人公・直日人。彼の身に宿る「魔術の血」とやら何やら重要な役割を持っているようで。閉じこめられ、途方に暮れていた彼を助けたのは、地上3階の窓をぶち破って現れた自称「魔法使い」な烏羽玉窈子。そんな唐突で突飛な出会いから始まる物語。

のんびりとして、比較的穏やかに進行する序盤と、時を越えて現れた人外に成り果てた烏羽玉家の宿敵・日裏との対決となる中盤以降のギャップがなんかスゴいです。結構容赦ない展開で登場人物が死んだり、ひどい目に遭わされたりと、こんな風になるとは予想をしていなかったなあ。

時間に関わる魔法が、物語に根幹にあって、最後の種明かしもそれに強く関連しているわけで、そこの見せ方はなかなか面白かったですが、そこまでがどうにも地味な感じで萌えも燃えも不足していた印象ですね。手堅い感じなんですが、パンチ力に欠けているように思いました。

あとは、ヒロインの窈子が型どおりなツンデレ──というか、ツンしかなかった気もしますが──で、不器用で素直になれないという性格は伝わってくるのですが、それ以上の彼女たらしめる要素が感じられなかったので、イマイチ影が薄いというか。むしろ、直日人のばあちゃんの方がいろいろとインパクトはあったような。実年齢がいくつかわからないけど挿絵とのギャップ大きすぎたんじゃないかあ(^^;
まぁ、主人公とヒロインの関わりがそれほど深くなる前に、クライマックスを迎えてしまったので、唐突な展開という印象が拭えなかったのかなと思います。

hReview by ゆーいち , 2007/06/22

時の魔法と烏羽玉の夜

時の魔法と烏羽玉の夜
在原 竹広
メディアワークス 2007-05