付喪堂骨董店 2―“不思議”取り扱います

2007年6月24日

stars 世にも奇妙な骨董品を巡るお話 シリアス風味増量中

今回も不思議な効果を持った骨董品・アンティークを巡る4編のお話を収録。前巻に引き続いて、主人公・刻也の視点から事件を見つめる3編と、咲の視点からちょっとコミカルに物語を見つめる1編の構成。今後もシリーズが続くなら、こういう構成で行くってことなのかな?

刻也視点の3編は、どれも苦みのある結末で、結局人間、欲に溺れてしまうとろくな事にならないというお話。咲についても何やらヘヴィな過去がまたほのめかされたりで、彼女の身の上にものっぴきならない事情があるようで。刻也との関係も微妙なままで、さりげない好意が透けて見えているのですが、肝心の刻也へその気持ちが伝わらないので如何とも……。

そんな女の子感情に溢れた4編目の「化粧」は、これまたなんとも乙女チックなお話。せめて一言、と刻也に褒められることを夢見て、空回り気味の努力をする咲がおかしいやら可愛いやら。ふたりのディスコミュニケーションによる変な歯車のかみ合いが、最後まで続くのはかなりギャグ風味ですね。
他人の視点から見るとツンと澄まして泰然自若な咲も、心の裡ではあれこれ気を揉んだりしている、そういう二面性が感じられて楽しいお話でした。

hReview by ゆーいち , 2007/06/24

付喪堂骨董店 2―“不思議”取り扱います

付喪堂骨董店 2―“不思議”取り扱います (2)
御堂 彰彦
メディアワークス 2007-06