狂乱家族日記 八さつめ

2013年4月18日

stars 来るべき災厄編 ひとまず決着! そして謎はまだまだ残る

宇宙より来訪した「来るべき災厄」強欲王と、月香の眷属たる水の異星人たち。狂乱家族の側についたOASISは、その感情の萌芽がまたトラブルを予想させつつも、当面の問題は平和主義者にして絶対的な力を持つ強欲王。月香への純粋な恋心を抱き続けたまま千年を耐え抜いた彼の純情は報われるや否や? 出番の少なめな我らが凶華さまは、なにやらSYGNUSSとか名乗ってるぞ?

そんなこんなで危機的な状況すらもバカ騒ぎで乗り切ってしまういつもの展開。どうにもこうにも危機感が足りない感じで、裏で蠢いているより大きな危機も、仄めかされるだけに終わってるので盛り上がりが足りないかなあ。

キャラの性格が話の度に大きく変わってるような印象も受けるし──まぁ、日日日作品はたいてい唐突にキャラがいい人化したりするけど──、終わってみると煽るだけ煽っておいて、このやたらと平和的な結末は堂なんだという気もしないでもないですねえ。

次巻からはいよいよ本命の閻禍にまつわる問題に本腰を入れて突入していくのかな。一筋縄ではいかない思惑が交錯しているけど、どうやって収拾付けるのやら。

hReview by ゆーいち , 2007/08/29

狂乱家族日記 八さつめ

狂乱家族日記 八さつめ (ファミ通文庫 あ 8-1-8)
日日日 x6suke
エンターブレイン 2007-07-30

スポンサーリンク