世界平和は一家団欒のあとに〈3〉 父、帰る

2007年9月25日

stars 異世界よりヒロイン来たる? 元勇者の父親の帰宅にあわせて一騒動勃発!

久方ぶりの父親の帰宅に浮かれる母・志乃の頼みで、夕食の材料を買い込んだ帰り道、突然錫杖装備の美女に襲いかかられる軋人と美智乃。話を聞くと、彼女はかつて父・耕作が召喚された世界の僧侶・エルナを名乗り、そのまま星弓家に付いてきて。耕作、志乃との再会を喜ぶエルナに、しかし不審な目を向ける耕作。彼女がもとの世界に帰還するまで何事も起こらないはずがないのは道理で……。

元勇者の耕作のかつての豪放ぶりも、その後、家族を得たことで大きく変わったという理由も、全ては現在の星弓家の家族あってのことに集約されて。相変わらず、事件自体はスケールのバカでかさを感じさせながらも、キモとなる部分は本当にささやかで、だけれども、一等大切な暖かな気持ちを感じさせる愛情という、このシリーズならではの展開で、本当に気持ち良く読むことの出来る作品だなと。

救えるものと救えないものがあるという、正義の味方ならば誰もが突きつけられる現実の非常さが軋人を打ちのめす展開ですが、オチ自体も、決して悲観するようなものでもなく、その時が来たならば喜び勇んで世界の一つくらい救ってくれるだろうという明るさをもって幕を下ろしているので、読み終わって落ち込むとかないのが良い感じです。

物語を通して、軋人自身もだんだんと成長してきているのが感じられる本シリーズ。巻を追うごとに面白さが増してきて、先の展開もますます楽しみです。
……でも、話のスケールだんだんでかくなって行ってるなあ。そろそろ宇宙戦争に巻き込まれてもおかしくなくなってきましたね(笑)

hReview by ゆーいち , 2007/09/25

世界平和は一家団欒のあとに〈3〉 父、帰る

世界平和は一家団欒のあとに 3 (3) (電撃文庫 は 9-3)
橋本 和也
メディアワークス 2007-09-10