WordPress 2.5 で自動で挿入されるバージョン情報を削除する

WordPress 2.5 になってから、ヘッダ部分のメタタグに、WordPress のバージョンやら rsd へのリンク、wlwmanifest.xml へのリンクなどが埋め込まれているので、正直要らないなあと思っていました。

以前はテーマファイルで記述していたのですが、どうやら、2.5 では header.php に記述された、

<?php wp_head(); ?>

って部分で出力されているみたいです。はてさて、どうしたものかと探してみると、そのものずばりが見つかりました。

ヘッダからバージョン情報を消す at insomniaque によると、使用するテーマの functions.php に、

<?php
remove_action('wp_head', 'wp_generator');
remove_action('wp_head', 'wlwmanifest_link');
remove_action('wp_head', 'rsd_link');
?>

と書いてやれば、それぞれバージョン情報、wlwmanifest.xml へのリンク、rsd へのリンクが削除されます。

remove_filter の動作については、わーどぷれすっ! » Plugin API の訳 に書かれているように、アクションやフィルターを無効にするための関数みたいですね。上手く使えば余計な情報を、表に出さないで済むかも?

アクションやフィルタの種類については、10coin.com – add_filter, add_actionをすべて表示してみるテスト にリストが掲載されているので、参考になるかと思います。

コアファイルに手を入れないとダメかなあと思っていたので、この情報は大変ありがたかったですね。

スポンサーリンク