ANGEL+DIVE 1.STARFAKE

2008年5月27日

stars あえてこのような言い方をしよう。君たちの運命は歪んでいるのだ。

出会ってからたった二度しか言葉を交わすことのなかった少女・トワコに「忘れてほしい」と告げられた少年・夏彦は、知らずに惹かれていた彼女のことを忘れるなどできなかった。人が好いけれどそれ故に貧乏くじを引きまくる彼を、なぜか気に入った学校でも有名な姉妹・依慧と織慧や幼馴染みの希有たちとともに、トワコを探し始める夏彦。そして、今まで交わらなかったはずの運命が交わり、物語の幕が上がる。

続きが気になる……っ!

いったい、このエピローグの部分に至るまでの間に何があったというのか。そこまでの展開も急展開といえば急展開でしたが、ラストを見てしまうと、この驚きを生み出すための長いプロローグだったのではないかとすら思えてしまいますね。

続刊前提の刊行なので、こういう引きになったんでしょうけれど、にしても続きが気になる。

ぼんやりした裏表のない素直な夏彦と、彼を取り巻くひとたちや、新しくできた友だち。その出会いのせいで、夏彦はこれまで想像もしたことのないような事件に巻き込まれ、日常から外れた運命を背負わされたようなのですが、語られていない部分にどれだけの急転直下の出来事があったというのか。

そこもおいおい語られていくことになるのでしょうけれども、夏彦のあれからがどうなったのか、そしてそこに登場しなかった依慧や織慧や希有らのそれからとか、気になることが盛りだくさん。続刊も期待ですね。

hReview by ゆーいち , 2008/05/27

ANGEL+DIVE 1.STARFAKE

ANGEL+DIVE (1) (一迅社文庫 (し-01-01))
十文字 青
一迅社 2008-05-20