機動戦士ガンダム00 2nd Season #20『アニュー・リターン 』

ヴェーダの所在を尋問するソレスタルビーイングの面々。彼らに答えをもたらそうとした王留美はすでにネーナの手によって葬られているわけですが……。

余裕を見せるイノベイター。やはり彼の目的はアニューを利用してプトレマイオスを制圧することだったわけですな。ダブルオーを奪取しようとするアニューの前に立つのはピーリス。脳量子波を感知できる彼女の存在を見落としていたのは、大きな失策となるか?

アニューの意識は残ってるようですね。ライルが現れて少しだけ躊躇いを見せるあたり、彼女の気持ちは本物なのかも。刹那とライルの機転で人質は奪還できたけど、オーライザーが奪われてしまって。って、ハロ!!! やっぱりオーライザーのパイロットはハロだったのか! 苦し紛れにオーライザーのコンソールを破壊して脱出するリヴァイブ。ダブルオーライザーとしての実力を発揮できなくなったのは大きな痛手ですね。

アニューを撃てないライルも、未練を残すアニューも、お互い本気だったってことですね。これもまた、不幸な別れとなりそう。

ああああ、ルイスはもはや改造済み!? リボンズの脳量子波によって操り人形と化しているじゃないですか。新型の大型MA・レムナントといい、どんどん死亡フラグが立っていってますよ。

ウィルスによってシステムに大きなダメージを受けたプトレマイオス。オーライザーのダメージと併せて、戦闘継続に大きなハンディが生まれてます。この機を逃さず敵は攻めてくるし、精神的な後れを取っているライルも不安要素。ああ、でも、ここで刹那がライルを励ますというのは、前期の反対だなあ。

そして戦場で予想通り対峙するライルとアニュー。戦力的にも劣勢に立たされて、ここでライルの機体がほぼアニュー機に釘付けの状況。レムナントの攻撃力と防御力はガンダム2機を圧倒して、やはりダブルオーなしでは厳しいか。

ライルとアニューの繋がりが戻ろうとしたときのリボンズの横やり。そして、とどめを刺そうとした瞬間、アニューの機体を狙撃したのは、有言実行の刹那。それがライルの恨みを買うことになろうとも。

リボンズの言う、イノベイターは人間の上位種であるという言葉。理解し合えることなどないという傲慢を、最後の最後で覆して見せたふたり。その相互理解の可能性を見せたことで、人類とイノベイターの共存への道は見えるのか?

[ad#gundam00]

スポンサーリンク