ロードバイクのタイヤ交換:Bontrager R2 Hard-Case Lite を購入

昨日うっかりパンクさせてしまったタイヤは、小さな穴も空いていたので新しいものと交換。
総走行距離は1500Kmくらいかな? タイヤの寿命的にはもっと走れるんだろうけど、せっかくなので前後両方交換してみました。

Bontrager R2 Hard-Case Lite を購入

購入時にホイールに装着されていたのはBontrager R1 Road Tireというボントレガーのタイヤでは最もグレードの低いものでした。

で、購入したのはこれから1つグレードの上のBontrager R2 Hard-Case Liteというモデル。

Bontrager R2 Hard-Case Lite

購入したショップさんにも、私の使用方法を話したところ、そこまで高価なタイヤを今の時期に購入するよりもということで、こちらをおすすめしていただきました。
確かに、前後あわせて1万円超えるコストはこの時期にはなかなかきつい。

ちなみに伺ったショップはこちら。

様々な用品がぎっしりと展示してあって、今度またゆっくり見に行きたいですね。

Bontrager R2 Hard-Case Lite 仕様

Bontrager R2 Hard-Case Lite 仕様

Bontrager R1 Road Tire 仕様

Bontrager R1 Road Tire 仕様

前後あわせて200gほど軽くなる計算ですね。微々たるものか、体感できるほどの差なのかは実走してみてのお楽しみですね。
こうしてると次はホイールも交換したくなるワナ……😅

交換は意外にスムーズ

タイヤ交換写真1

まずはタイヤからチューブを取り出して。

タイヤ交換写真2

交換のタイヤとチューブをはめ込んでぐいぐい入れていって。ここからが頑張りどころ。

タイヤ交換写真3

うまくはまったらチューブを噛んでないかチェックして。

タイヤ交換写真4

完了。一応タイヤのロゴ部分がバルブ部分に合わさるようにしてみました。

タイヤ交換写真5

前後のタイヤ交換終わり。今まで作業に時間がかかったのが嘘のように30分くらいで終了しました。
タイヤとチューブがくっついたりしてなくて取り外しやすかったのがスムーズに作業できた原因かなあ。
タイヤはめる作業も思った以上にスムーズにできて、少し自信が付きました(笑)

参考にした動画

特に1本目のビードが固くてどうしても入らないときの鉄棒を握る要領で押し込む方法は私にはぴったりでした。

さて、タイヤ交換も少しマシになった気もするし、次は焦らず作業できるかな? パンクしないのが一番ですが。


';})();}catch(e){console.error('bc_9b3086b8efe444355ee64ba7d2c51135.error: '+e.message);}