モニターアーム エルゴトロンLX で PCデスク周りを快適に

モニターアームを導入したら
PCデスクがちょーすっきりした件

モニターアームってちょっと憧れますよね

PC を新調してからこつこつと作業環境をいじっていたのですが、悩ましかったのがモニター周りのごちゃごちゃ具合。できるだけ物は置かないようにしていたのですが、しばらくすると机の上がカオスになっていって整理するのが面倒。

掃除をするのもモニタースタンドが場所を取っているので、埃を取るのも手間で手間で、結局掃除をさぼりがちになるという悪循環。

結構前からあると便利そうだなあと思っていたモニターアームを思い切って購入して設置してみました。

買うなら良いモノを「エルゴトロン LX デスクマウント モニターアーム」を選択

で、何を買ったかというと、モニターアームのおすすめならまず最初に上がってくる「エルゴトロン」から「LX デスクマウント モニターアーム 」です。

値段を除けば満足度はダントツの評価。ここまで好評価の連続だとやや疑わしくも感じてしまい、事前にYouTubeのレビューやらブログやらを漁りまくって、実際に良さそうだという確信を高めてから、思い切って購入。

新品で選択すると現時点では14,000円程度するのですが、Amazonアウトレットだと11,000円程度だったのでそちらを選択。コンディションとしては外箱破損だったので、製品自体に問題はないだろうという判断。保証はどうなんだろうという心配はありましたが、到着した製品には保証書も付いてたので大丈夫なのかな?

created by Rinker
サンワサプライ
¥1,445 (2020/09/22 01:46:03時点 Amazon調べ-詳細)

そして、もう一つおすすめされていたので補強プレートも購入。モニターアーム設置の際、机の天板をクランプで挟み込んで固定するのですが、机が傷むのを少しでも和らげたいという思いから同時購入。

結果として、これは一緒に買っておいた良かったです。天板をクランプより広範囲で保護しつつがっちり固定できるので安心感が違うなあといったところです。

ということで、以上の2点をAmazonで注文。翌日には届くという相変わらずのスピードで感謝しかない……!

いざ設置

エルゴトロンLX 箱破損のコンディションの外箱
エルゴトロンLX 箱破損のコンディションの外箱

Amazonの外箱から取り出した製品は確かに箱が破損していました。しかしながら、開封してみると製品自体は傷もなく状態は新品といっても差し支えなさそう。誰かが使って返品したような雰囲気もなく、封のされていた工具やネジ類もすべて未使用でした。製品を納める発泡スチロールも破損なく良好でした。

箱を開けると謎のおっさんがお出迎え
箱を開けると謎のおっさんがお出迎え

YouTube の開封動画などでもおなじみのおっさんがやはりいました。この辺、海外製品て感じがしますね。説明書はコピー用紙っぽい品質の紙をホチキスで留めたシンプルなもので、こちらは少し変色のような……。©2014 ってなってますが、製造時期その辺だったのかな。

1段目の同梱品 工具やアーム部分
1段目の同梱品 工具やアーム部分
2段目の同梱品 クランプ部分とモニターアーム本体
2段目の同梱品 クランプ部分とモニターアーム本体

製品は大きな3つのパーツと細かい部品で構成。さすがに重量感があり組み立てと設置は気をつけないといけません。

モニターアームを設置する位置の当たりを付けます
モニターアームを設置する位置の当たりを付けます

写真の通りスペースがないので、少しだけ机を手前に引いてクランプ部分を天板に挟めるよう調整が必要です。横にカラーボックスとか置いていたので、それをどけたりしていたらちょっとした力仕事になってしまいました。

モニターアームを設置する場所はマニュアルに書いてあります
モニターアームを設置する場所はマニュアルを参考に

マニュアルを見ると使用する机の形状によって、クランプを固定する位置の適切な場所がありますので、その指示に従った方が面倒がありません。私の場合は、左図の壁面に平行に置いてある机に設置したのですが、モニターを前後に引き出したりする際に、この位置がずれているとモニターの位置もずれてしまうので、固定する前に試してみることをおすすめします。

さて、クランプを固定して、1段目のアームを取り付けたら、液晶モニターの VESA マウントにパーツを固定して本体に設置。これ、モニターが重いと本体との接続が結構重労働になりますね。

設置完了!

設置して軽く調整した後の状態はかなりすっきり
設置して軽く調整した後の状態はかなりすっきり

写真の通り、かなりデスク上がすっきりしました。この状態にする前に、モニターアームの調整が必要だったのですが、バネの強弱を望むように調整するのは結構大変でした。

前評判では軽々動くと書いてあったのに、軽々動かなくてなぜに!? とか悩みましたが、私が重くて動かしづらいと思ったのはモニター前面の上下方向の角度でした。考えてみたらこれがふにゃふにゃだと、簡単に視線に対して垂直の位置からずれてしまうから、これくらいの堅さでも仕方ないのかもしれませんね。

一方で、モニターの高さの上下動や左右方向への移動は確かにすいすいと動きつつ、この場所と決めたら自然な状態では微動だにしない安定感で、こりゃスゴいやといったところで、この点は評判通りですね。

用途に合わせたモニター位置が手軽に設定できるのは確かに便利

PCの使用用途によって高さや奥行きを自由に調整できるようになり、そのありがたさを実感しています。

動画の視聴とかイスに体を預けた状態で見るときはモニターを手前に引いてみたり、テキストを打ちまくるようなときは姿勢に応じてモニターの位置を見やすい場所に移動したり。位置変更の自由度が、単なるモニタースタンドを使っていたときとは段違いです。

机の上がすっきりしたのもさることながら、この自由度の高さは一度体感すると手放せなくなる快感の一つかもしれません。

多少高い買い物ですが、キーボード(REALFORCE)を買ったときと同じような満足感が得られて、買って良かったと現在進行形で思っています。

ゆくゆくはデュアルモニター化も、とは思っていますが、その前に現在のフル HD モニターを交換して WQHD サイズのものにした方が良いかなとか、新しい悩みが生まれてしまいました(笑)

安く上げるならOEM製品もあり

快適な環境を得る対価にそれなりのコストを支払わなければいけませんが、エルゴトロンのOEM製品としてHPとAmazonベーシックの両ブランドで同等品が販売されているのが周知の事実。

具体的な差は、製品の保証期間と製品カラーといったところなので、単純に好みで選んでも良さそうな気がしないこともないです。

最初はAmazonのタイムセールで1万円を切る価格でAmazonベーシックのモニターアームが販売されていたのですが、タイミングを逃してしまいセールは終了。結局、Amazonアウトレットで一段安くなっていたエルゴトロンLXを購入したわけです。

もしデュアルモニター環境を整えることになり、もう1台モニターアームを購入しようと思ったら、今度は安く上げるために OEM 製品を購入することも検討してみたいと思います。