ライトノベル, 読書感想, MF文庫J

とりあえず、この儀式は終わったわけですが、リョウ君……続き、しますか?

学期末テストが終わり、六花の補修も無事に乗り切り、ようやくみんなで始まった良太郎たちの夏合宿イン孤島。そこで巻き起こるトラブルは孤島につきものの殺人事 ...

ライトノベル, 読書感想, MF文庫J

これはそんな残念な部活に集う残念な連中の、開始十ページにしてヒロイン二人がゲロを吐くような、とても残念な日常の物語――……

学校で浮いている羽瀬川小鷹は、いつも美少女だけれどいつも不機嫌にしているクラスメイトの三日月夜空が ...

ライトノベル, 読書感想, GA文庫

では力を引き受ける覚悟をなさい。強くなることを自分に許しなさい。人は良きにつけ悪しきにつけ、みずから許しただけのものしか手にすることはできないのです。

カイから言い渡された再戦の比は刻一刻と迫り、しかし、大介は回復すらまま ...

ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

ねえ、ベルトで拘束した四季鏡さんを秋晴が無理矢理脱がそうとして、助けに入った深閑先生と二人で谷に落ちたっていう噂が白麗陵で広まっているんだけど……釈明は、ある?

従育科の生徒たちに深閑より科せられた次なるカリキュラムは、冬 ...

ライトノベル, 読書感想, 富士見ファンタジア文庫

幽霊はいなくても、幽霊を出現させる呪いはある。そんな風に思っているんだよ。

富士見書房でアルバイトをする矢作妹兎子は、編集者として作家・水城正太郎の担当をすることになった。小説のネタとして怪談を蒐集していた正太郎とともに、 ...

ライトノベル, 読書感想, MF文庫J

違うぜ箒。全然違う。俺が『やらなきゃいけない』んじゃないんだよ。これは『俺がやりたいからやる』んだ。他の誰かがどうだとか、知るか。大体、ここで引いちまったらそれはもう俺じゃねえよ。織斑一夏じゃない。

「学年別トーナメントで ...

ライトノベル, 読書感想, MF文庫J

だけどね、……知ってる? この現実ではね――ハッピーエンドのあとにはね、地獄がつづいているのよ。

「あんたのことが嫌いだから」優等生で知られる少女・あひるに、白鳥陀衣はそう告げられた。男らしくないというコンプレックスを持つ ...

ライトノベル, 読書感想, ファミ通文庫

正直、最初はどうしてこうも何もかもうまくいかないんだろうと苛立っていた。けど、人が集まって真剣なやりとりをすれば、いろいろあるのは当然なんだと私は思うようになった。なあなあでやり過ごしてどうにかなるほど、三校合併は甘くないんだと。私は ...

ライトノベル, 読書感想, ファミ通文庫

やめてよムッツリーニ! どうしてここで男泣きなんかするの!? 泣くくらいなら逃がしてよ! く、くそっ! こんな殺人鬼だらけの海岸にいられるかっ! こうなったら僕は一人で部屋に閉じこもってバリケードでもうわぁあああっ! 来たぁっ!? な ...

ライトノベル, 読書感想, スーパーダッシュ文庫

細かいことはいいけどさ、人生はマンガとは違うからね。いつまでもみんな仲良しでしたじゃあ終われない。結局そこに行き着くわけだよ。それで、巧くんは誰を選ぶの?

卒業を迎えたメンバー、夏帆や珠緒らと最後の活動である卒業旅行を計画 ...