ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

コシヌケヒロインに愛の手を!

真尋に迫る青い性の誘惑(笑)と、前巻のラストで救われたセフィラと、彼女の第一の友人となった冬子の登校シーンから幕を開ける物語。一匹狼を気取って、真尋以外の誰とも友人らしい関わりを持つことができ ...

ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

読了。

鈴木鈴新シリーズ。相変わらず序盤の軽妙な展開と、終盤の重苦しい展開のギャップが素敵です。さすが黒作家。ここのところなりを潜めていたかと思ったら、この作品の世界観自体は黒い意志の蔓延を感じさせるので、のびのびと書かせ ...