ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

お、おね――お願い、します。血を飲ませて――、貴方の血を飲ませて下さい。

吸血鬼・夜音がたまたま選んだ少年・陶原健悟の血は、彼女がかつて経験したことがないほどの極上の味わいだった。とある目的のために誰よりも健康であり続けた ...