ライトノベル, 読書感想, スーパーダッシュ文庫

テグネウの脅威にさらされたまま、魔哭領を奥へと進む六花の勇者たち。
その道中、ゴルドフが突如「姫を助けに行く」とだけ告げ、アドレットの制止を振り切って姿を消す。
不可解なゴルドフの行動に、六花は再び混乱に陥る。

ライトノベル, 読書感想, スーパーダッシュ文庫

魔神再起までのタイムリミットが迫っており、疑心暗鬼はぬぐえないまま、魔哭領の奥へと進む六花の勇者たち。
するとそこへ一体の凶魔が現れ、モーラに「君には時間がない」と告げる。
さらに凶魔を束ねる統率者の一体、テグネウが六 ...

ライトノベル, 読書感想, スーパーダッシュ文庫

集ったのは七人。本来なら六人であるはずの「六花の勇者」の中に、一人、紛れているのは敵。結界に閉じ込められ、一体誰が偽物であるのか、疑心暗鬼に陥る勇者たちの緊張感溢れるやりとりが手に汗握り目を離せません!