ライトノベル, 読書感想

それにしたって、きみはどこへ行こうとしてるんだい。逃げ道なんかないんだぜ? どこにもないんだ。地獄にも天国にもない。そんな甘いこたえがあるわけないだろう? 苦しいだろうなあ。

どうせ僕には、自分が見えているものしか見ること ...