ライトノベル, 読書感想, 一迅社文庫

時間が進むから生きていることができます。生きているから死ぬんです。私は死ぬまで、生きていたいんです。

「幻想症候群」という原因不明の病がある。願望や恐れが現実となる現象。原因も理由も分からず、ただ、発症した人間は高い確率で ...