ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

俺も一緒に同じ場所に進むんだ。ダメだったらもう一年努力すればいい、なんて絶対に考えちゃいけない。正々堂々と高瀬のそばにいなきゃいけないんだ。俺は。だからもう覚悟を決めるんだ。高瀬涼の隣にいるために全身全霊を賭けると。

推薦 ...