ライトノベル,一迅社文庫,読書感想

NO IMAGE

恋はココロの中でキラキラと輝いて、素晴らしい力を自分に与えてくれマス……。けれど、その輝きは刃の煌めきなのデス。目映いほどに、恋は鋭い刃となって自分の胸に刺さるのデス……。

麟音と相変わらずの関係を続けながら、憧れの美麗さ ...

ライトノベル,一迅社文庫,読書感想

NO IMAGE

勝負だ、月見里悠太くん。天王寺翔の名に賭けて、きみを倒す! どちらが麟音さんに相応しい男かをハッキリさせようじゃないか!

恋人お試し期間継続中の悠太と麟音の前にひとりの少年が現れた。かつての麟音の婚約者で、彼女が書いた小説 ...

ライトノベル,一迅社文庫,読書感想

Thumbnail of post image 171

さあ、考えろ、月見里悠太。足りない脳ミソを振り絞れ。おまえは麟音のためになにをしてやれるんだ――?

麟音と悠太は夏休みの間に付き合っていた。そんな失われた記憶を取り戻すために、ふたりは二学期も恋人のまねごとを続けることにし ...

ライトノベル,一迅社文庫,読書感想

NO IMAGE

高校一年の夏休み、たぶん俺は《運命の恋》をした。

月見里悠太が目覚めると、そこは知らぬ屋敷の一部屋だった。その屋敷の主にして、学園の女帝と恐れられる龍凰院麟音は、悠太を前にして告げる。自分と悠太は夏休みの間に恋に落ちたのだ ...