ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

『わたしはあなたを信じている』。――そんなの、なんの意味もないよ。本当に信じてほしいのなら。わたしがあなたを信じていると知ってほしいのなら、行動で示さなくちゃ。口先だけなら、誰でもなんとでもいえるもん。わたし、頭が悪いから、他の人がな ...

ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

だから、コウ、覚えておけ。シロさまがおまえのことをいくら信じていても――いや、だからこそ、九衛はおまえのことを絶対に信用しない。

クラスメイトの白山さんは不思議だけれど可愛らしい女の子。平沢衡はひょんなことから彼女の秘密を ...