ライトノベル, 読書感想, スーパーダッシュ文庫

世界を手中に マリアの遠大な野望の幕が開ける

商業都市国家・ドラヴィア共和国は女であるという理由だけで、何も手にすることができないという絶対的なルールが存在していた。国の実権の序列二位のコントラーリ家に生まれたマリア ...