ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

だからあたしは、否定しない。だからあたしは、受け入れる。決して彼女の紫の目を、否定はしない。

自分以外の人間がロボットに見えるという少女・毬井ゆかり。そんなゆかりを親友に持つ波濤学は、普通とは少し違う彼女の周囲で起こり始め ...