”文学少女”と飢え渇く幽霊

2013年4月18日

”文学少女”と飢え渇く幽霊読了。

終盤の展開が素晴らしすぎる。序盤からの冗長な展開自体はだらだらと進んで、遠子先輩ラヴ~な雰囲気を堪能していたいのに、この「物語」の主人公たちの壮絶な感情の吐露は、痛々しいほどにこちらにまで響いてきます。傍観者・読者たる心葉や遠子先輩にとっては、決して報われた結末ではなかったですが、それでもラストシーンは美しすぎる。もう、このエピローグだけでお腹いっぱいです。

しかし、はやりこのシリーズは題材となる作品を知っていないと100%は楽しめないかなぁ。その点だけは残念。まぁ、いつかは手を出してみたい、かな。

断片的に語られている心葉の過去へは興味が募る一方ですね。美羽との関係自体がまだ微妙に謎だし、世間が大騒ぎになるほどのブームの渦中で、彼らが何を思い、何を得て何を失ったのか、それが語られるときが楽しみです。

スポンサーリンク