なつき☆フルスイング!―ケツバット女、笑う夏希。

2013年4月18日

なつき☆フルスイング!―ケツバット女、笑う夏希。読了。

タイトルの破天荒さとは違って、内容は思ったよりシリアス風味。夢と挫折と復活と。友情も取りそろえて大変美味しゅうございました。特に第二章の『バレエ×バイオリン』の千尋・美姫子姉妹のエピソードはシチュエーション的にもクリティカル。いやぁ、姉妹愛とはかくも素晴らしい。

主人公・智紀と夏希の関係は、恋愛とか色っぽい雰囲気を感じさせる以前にバカバカしさが冴える冴える。ネタ的にはターゲット年齢高めじゃない? な要素は分からない人が多そうな……(^^;

終章がやけに重苦しくて、逆に異質な感じがしつつも、綺麗に収まって大団円なエピローグ。いや、もう、この先も続いていく愉快な日常を想像させる良い引きでした。

文章的にはさすがに新人らしい荒削りさはありますが、勢いはかなりのもの。こういう作風で、また別の作品も読んでみたいな。

スポンサーリンク