侵略する少女と嘘の庭

2007年4月19日

侵略する少女と嘘の庭読了。

素晴らしい。シリーズ前作にあたる『君の嘘、伝説の君』も恋愛小説として良い感じだった作品ですが、これはさらに輪をかけてグッド。

悪魔と呼ばれる性悪な女の子・りあと、プラモ好きの普通の男の子・牧生の、互いにどうしようもなく不器用な距離感の取り方とかが、中学生時代の初々しさを恥ずかしいくらい見事に描いていますね。性差で棲み分けが完了しつつあるこの年代の、お互いに意識しあう様とか、誰某が好きとかの恋愛談義とか、ちょっとしたいじめとか、相変わらず生々しい描写も多いですが、それが良い意味で現実感を匂わせてくれます。

単なる恋愛物語に止まらず、「嘘」をキーワードに様々な境遇だったり、不思議要素だったりを絡めて、独特の展開を見せ、それが見事な余韻でもって閉じられているものだから、読了後に感じる幾許かの寂寥感すら心地好くて。文章自体も柔らかな印象で、自然と胸に落ちてくるテキストなので、これまた良い感じ。

正直、清水マリコの作品は、このシリーズ以外はPCゲームのノベライズしか読んだことなかったのですが、良い意味で裏切られましたね。氏の他の作品もいつかは読んでみたいところです。