ディストーション―屍鬼の女王

2007年4月26日

ディストーション―屍鬼の女王読了。

冒頭の展開がかなり度肝を抜かれ、そのままヒロイン不在で主人公・一馬と相棒(?)良人の2人で物語が引っ張られていくのでかなーり殺伐としたお話だったという印象が。

一馬の行動がかなり感情的なものなので、場面場面によっては支離滅裂だったり、同じ言葉を何度も重ねたりと、その辺の描写がやや冗長かなと思いつつも、最後まで読み進めてしまいました。
まぁ死と紙一重のぎりぎりの緊張感というのが、序盤が最高潮でだんだんと低調になっていくのはどうかなとは思いますが。

大切に思っていたひとを結局は喪う結末になってしまったけれど、この物語を経て大きく成長した一馬と良人のコンビは凸凹ながらも上手くやっていきそう。エピローグではまだまだ続きそうな感じがしているけれど、どうなるのかな?