SS, Kanon

日毎に深まる冬を実感させるかのように、木枯らしが吹き抜けて行きます。時間はその歩みを止める事なく、川の水面のようにただ静かに、ゆっくりと、想い出と共に流れて行きます。

この街に生まれ、様々な出逢いと別れを繰り返して来ました ...

SS, Kanon

冷たい風が吹き抜けて、私は少し身を震わせ道を歩く。うっすらと降り積もった白い粉雪に、私は足跡を刻みながらゆっくりと進む。

寒いけれど、それは決して嫌な寒さではなくて。

何故か、この身を切るような痛さにも似た冷気 ...

SS, ONE~輝く季節へ~

ねぇ、笑えてる?

笑えてるかな?

ずっと、待ってたんだよ。

約束、信じてたんだよ。

ずっと、信じてたんだよ。

浩平。

帰って来るのを。

ずっと、待って ...

SS, Kanon

…say Happy Birthday to

――雪。

季節の巡りは早くて。

残して来た想いはまだあの瞬間に置き去りにされたまま。

ただ、時間だけが過ぎて。

ただ ...

SS, 寄稿作品

味醂田さんより寄稿いただいた、ToHeart SSです。

風邪

ピピピピ、ピピピピ、ピピピピ…

 何時も通りに目覚ましが鳴り、何時も通りの時間に目が覚める。
 …とは言え、どーも最近まともな時間にベッドに ...

SS, Kanon

「うぐぅ~」

遅れちゃうよっ。

きっと怒ってるよっ。

今日もいい天気。

青い空がどこまでも広がる……、そんな気持ちのいい初冬の午後。

息を切らせて駆けるボク。

弾 ...

SS, ONE~輝く季節へ~

窓を雨が叩いています。

静かに。

優しく。

あなたのように。

冷たい雨に打たれて。

ひとり、凍えていた私。

あなたを待ち続けて。

ひとり、凍えていた私 ...

SS, ONE~輝く季節へ~

あのね。

朝も。

夜も。

いつでも……。

幸せなの。

ずっと。
側にいてくれるから。

ずっと。
笑っていてくれるから。

あったかいの。 ...

SS, Kanon

『夢を見ていた』

『とても仲のいい姉妹の夢』

『姉は、誰よりも妹のことを可愛がっていた』

『妹は、そんな姉が大好きだった』

『一緒の制服に身を包んで……』

『同じ学校に通って ...

SS, 寄稿作品

TKSさんより寄稿いただいた、Kanon SSです。

冬空の下、あなたと……

「なぁ……栞……真冬にアイスクリーム食べて、寒くないか?」

 

 

 

祐一さん、あなたはそう聞く ...