SS, ToHeart

雨上がりのある一日

side A:Good morning.

「――ん……」
薄暗い室内に差し込み始めた朝日を感じ、オレは目を開けた。
カーテン越しにも感じられる柔らかな朝の陽射し。
昨日の雨が嘘のよ ...

SS, ToHeart

雨の日に……

「ふ~、まいったなぁ……」
オレは暗く澱んだ空を見上げながら溜め息をついた。
「うん……。どうしよっか?  」
同じように空を見ながらあかりが答える。
少し困ったようなあかりの表情。 ...

SS, ToHeart

あかりちゃんとお弁当

 ピピピッピピピッピピピッ……
静けさに満ちた部屋中に響く電子音。
「――ん……」
寝ぼけ眼をこすりながら目覚まし時計に手を伸ばす。
――カチ
スイッチを目覚ましを切る。 ...

SS, ToHeart

星の降る夜に

――暑い。
何でこんなに暑いんだ。
額にじっとりと浮かぶ汗を手で拭いながら、オレは何とはなしにため息一つ。
季節は移ろい、夏が来た。
涼やかな風が吹き抜けていた穏やかな日和を思い出すと、今の ...

SS, ToHeart

夢から覚めても

 カーテン越しに届く柔らかな陽射しが……。
かすかに耳に届く、小鳥達のさえずりが……。
新しい一日の訪れを告げていた。
暖かな陽射しと、部屋に満ちる朝の香りを感じ、私はゆっくりと目を開いた。 ...

SS, ToHeart

桜の咲く頃に

「……ん」
誰だ……?
「……き……ちゃん」
――んだよ。うるさいなぁ。せっかくの春休みくらいゆっくり寝かせてくれよ。
「ひろゆきちゃん」
だんだんと近くなるその呼び声は、オレの良く ...