SS, 寄稿作品

味醂田さんより寄稿いただいた、ToHeart SSです。

風邪

ピピピピ、ピピピピ、ピピピピ…

 何時も通りに目覚ましが鳴り、何時も通りの時間に目が覚める。
 …とは言え、どーも最近まともな時間にベッドに ...

SS, Kanon

「うぐぅ~」

遅れちゃうよっ。

きっと怒ってるよっ。

今日もいい天気。

青い空がどこまでも広がる……、そんな気持ちのいい初冬の午後。

息を切らせて駆けるボク。

弾 ...

SS, ONE~輝く季節へ~

窓を雨が叩いています。

静かに。

優しく。

あなたのように。

冷たい雨に打たれて。

ひとり、凍えていた私。

あなたを待ち続けて。

ひとり、凍えていた私 ...

SS, ONE~輝く季節へ~

あのね。

朝も。

夜も。

いつでも……。

幸せなの。

ずっと。
側にいてくれるから。

ずっと。
笑っていてくれるから。

あったかいの。 ...

SS, Kanon

『夢を見ていた』

『とても仲のいい姉妹の夢』

『姉は、誰よりも妹のことを可愛がっていた』

『妹は、そんな姉が大好きだった』

『一緒の制服に身を包んで……』

『同じ学校に通って ...

SS, 寄稿作品

TKSさんより寄稿いただいた、Kanon SSです。

冬空の下、あなたと……

「なぁ……栞……真冬にアイスクリーム食べて、寒くないか?」

 

 

 

祐一さん、あなたはそう聞く ...

SS, Kanon

夢みたいだよ。

今、こうしてキミと同じ時を過ごしているなんて。

もう、こんな風に君の温もりを感じることなんてできないと思っていたから。

嬉しいよ。

とっても。

幸せだよ。

SS, Kanon

『星夜の夜想曲』

夜、ふと目を覚ましました。
夜明けにはまだ時間のある薄暗い闇の降りた部屋。
カーテン越しに見える微かな明るみは、雪の白さ? 街灯の灯火?
うっすらと室内に差し込む光は、月の煌めき? ...

SS, Kanon

ん……。

ぽかぽか。

ふわふわ。

あったかいよ。

気持ちいいよ。

お日さまの匂い。

そして。

わたしの大好きな……。

-Short Sho ...

SS, Kanon

ごく普通の日常がそこにあるはず……だった。

「祐一さ~ん」

教室に響く、澄んだ声。

オレに浴びせられる好奇と羨望、そして妙に殺気立った視線の雨あられ……。

「早いわね」

「早 ...