ライトノベル, 読書感想, 富士見ファンタジア文庫

ふざけんなッ! 右と左が同じわけねぇだろォォォォォッ! 大切なんだよ! 俺のファーストブザーなんだぞ! 人生かかってんだ! 真面目に答えろォォォォッ!

夏っ! 兵藤一誠、人生で一度しかない高2の夏休みです!
悪友た ...

ライトノベル, 読書感想, 富士見ファンタジア文庫

改めて思い知った。俺とこいつはわかり合えない! 俺は部長のおっぱいを倍にすることに夢を感じた! なのにこいつは部長のおっぱいを半分にするという!

やりました!俺、兵藤一誠に二人目の後輩ができました!
魔王サーゼクス ...

ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

……一線を越える、ってのは、そういうことだろ。取り返しがつかない、もう戻れないところまで行く、ってことだ。俺はそうすると決めたんだよ。

北村の祖母が作った超豪華三段お重のお弁当を見て、竜児の主婦魂に火がついた!──表題作「 ...

ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

だからさ、これを私が守れるのなら、私にしか守れないのなら、それもいいかなって思うの。それだけよ……ありふれてて、安っぽい自己満足なのかもしれないけど。

私立千歳井高校。那霧浩介が転校初日に連れていかれたのは医術部というちょ ...

ライトノベル, 読書感想, ファミ通文庫

何度も同じ過ちは犯さない。もう二度と手放さない。離れたのなら、また近づけばいい。たとえそれが、傲慢と言われようと、押し付けがましいと言われようと……。この現実で彼女たちを幸せにできるのはあいつだけじゃない。彼女たちを幸せにするのが、正 ...

ライトノベル, 読書感想, MF文庫J

みんな成長していくんですよね。色々やって、色々あって。

8月、夏休み開幕! 今回は『女の子たちの夏休み編』! それぞれ女の子の視点からつづるある夏の日の物語。気温とともに女子パワーもヒートアップ! 新たな一面をかいま見るオ ...

ライトノベル, 読書感想, MF文庫J

なんていか、世の中って結構色々戦わないといけないだろ? 単純な腕力だけじゃなくて、色んなことでさ。そういうときに、ほら、不条理なことってあるだろ。道理のない暴力って結構多いぜ。そういうのから、できるだけ仲間を助けたいと思う。この世界で ...

ライトノベル, 読書感想, MF文庫J

……竜太さんは鈍感だから。ちっとも気づいてくれないから――だから、ほかに解釈のしようがない言い方をします。

夏休み明けの学校では、文化祭の準備がはじまった。僕のクラスではカレー(千紗の希望)とケーキ(なぜか、魚住さんの希望 ...

ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

……そう、やれる。足りない分は努力して、それで駄目でも諦めずに自分に出来る最高の結果を目指して、ここまでやってきた。だから今回も、同じように。乗り越える山が、ちょっと進み方が難しいというだけだ。やってやれないことはないはず。あれこれと ...

ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

戦う、という決断は。そう、きっと間違っていない。

 “紅世の徒”とフレイムヘイズの最終決戦。その勝敗の天秤は、“祭礼の蛇”復活により、“徒”側に大きく傾いた。
起因となったのは、“蛇”と運命共同体である坂井悠二によ ...