ライトノベル,一迅社文庫,読書感想

NO IMAGE

そう。押し倒してやらんと女の気持ちなんて分からないんだ! 生徒会長も言ってたし。不純異性交遊すべしって!

年に一度の満月祭りが近づいている。その日を前に、相川鈴音は友人の咲山千紗にそそのかされ、幼なじみの金村勇太に告白しよ ...

ライトノベル,一迅社文庫,読書感想

NO IMAGE

言葉で伝えるのは難しいな。音で伝えるほうがよっぽど簡単なのに。

ひょんなことからひもじい思いをしていた変わり者の先輩・音城トリルに、クロワッサンを恵んだ琢己は、彼女のパートナー認定され、何かにつけて付きまとわれ始める。変人 ...

ライトノベル,美少女文庫,読書感想

Thumbnail of post image 032

悪いな。生まれてから今まで、私は甘えることを知らぬ……

斎藤肇は、幼なじみで悪友の松本善雄とともに、京都へやって来ていた。田舎から上京した目的は一つ。音に聞こえた新撰組の隊士として名を上げること。花街を物珍しげに見物するふ ...