ライトノベル, 読書感想, 角川スニーカー文庫

禁忌の知識を書き記した幻書はこの世に在らざるべき存在だ。幻書を見守る読姫と、鍵守も。それら全てを焼き尽くすために焚書官は存在する。

いつになく荒れるダリアンの理由は、読み終えたばかりの流行小説の最終刊となるはずの第3巻が存 ...

ライトノベル, 読書感想, 角川スニーカー文庫

当然の報いなのです。あいつらは、私のお気に入りに傷を付けたのですから。

知るべきでない知識を収めた幻書。それを封印するための書架であるダリアンと、書架の管理人の任を受け継いだヒューイは、世にある不可思議な噂を聞きつけ、ある ...

ライトノベル, 読書感想, 角川スニーカー文庫

けれど、ひとつだけ、決して忘れないように。世界には、知るべきでないことがあるということを――。

青年は少女を連れて旅をしている。青年の名はヒューイ、少女の名はダリアン。胸に大きな錠前をぶら下げた彼女こそが、呪われ、失われた ...