ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

選ぶのは美鈴川、お前の自由だ。今までの自分でいくのか、それとも今からの自分をここで決めるのか。だけどこれだけは覚えておいてくれ。どっちを選んだって、ボクは美鈴川の傍に居るし、怖がったりもしないからな。

人見知りの激しい金髪 ...

ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

エースいるかい? スポ根野球ノベル

中学時代、ナンバーワンサウスポーとして将来を嘱望されていた白川祐樹は、左肘の故障によって尊敬する監督が率いる名門校への進学を諦めざるをえなかった。そんな彼に声をかけ、スカウトしてきた唯一 ...