ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

ひょっとしたら、私は自分の目で見たいだけなのかもしれません。理由なんてただのそれだけで、実にみっともないわがままに尽きるのかもしれません。――かつて私を変えた人の、その光景を、もう一度。

生徒会一行と合宿場の下見で海を訪れ ...

ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

――本物なんて、どこにもないんですよ。自分を裏返そうが、見つめ直そうが、そんな都合の良い本物なんか出てきません。

かつての英雄であり、自身の兄でもある九瀬諫也になりすまし御陵市で一年を送ることを余儀なくされたイザヤは、再び ...

ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

神と子と聖霊の御名において――汝に認証を求める! 我が名は九瀬イザヤ!

亡き兄・九瀬諫也として彼――九瀬イザヤが訪れた街・御陵市は〈獣(ベスティア)〉と呼ばれる異形の怪物と戦うための都市だった。街への来訪と同時に、〈獣〉の ...